からだとこころの関係

お知らせ詳細

外皮系と神経系と筋肉系ーこころの起源・考


 外皮系と神経系と筋肉系は、感覚、伝達、運動をつかさどる。

 

 ここで著者(三木成夫)は、感覚と運動の関係について論じている。つまり、感覚と運動は聯関するといっている。感覚の結果として運動が起こるのではないと述べる。

 

 封筒の重さを測る時に手を上下させる。筋肉の収縮によって重さの感覚が生じるという。

 

 手術の時に麻酔を使うのは筋肉を動かすと痛みが生じるからだ。

 

麻酔が発明される前に催眠をかけ手術したのは筋肉の動きを止めるためだった!

 

 感覚・運動によって生じた「感じ」は主体の価値判断を伴わず、過去の経験に照らして快不快を決めるといったのはダマシオだった?

 

 余談になるが、感覚・運動によって生じた「感じ」があれば、他体の「感じ」をも推測できるということか。

 

 

 

 

 

 

 

動作法 おおみや

住所
〒338-0011
埼玉県さいたま市中央区新中里4-13-11
パールマンションⅠ-112
アクセス
JR埼京線『与野本町駅』徒歩6~8分
JR京浜東北線『与野駅』西口から
徒歩10~12分
TEL 048-638-0126
営業時間 10:00~19:00(完全予約制)
10:00~12:00|14:30~19:00
定休日:毎週 月・火 曜日

当店facebookはこちら
http://on.fb.me/1OuH5qT
  • facebook
  • twitter

トップへ戻る