からだとこころの関係

からだとこころの関係詳細

記憶ー動作法の視点  ブログの引っ越し(1)


1 わたし自身の経験。研修で躯幹のひねりをしてもらった。2,3日後、なんの脈絡もなく仕事の失敗を思い出した。

2 あるクライアントのセッション。

① 初回から数セッション後、あぐら坐位、背そらせ腰の弛めを行っていた。クライアントは中学の時に左脚の脱臼をして手術をしたことなどを話していた。その手術から思いは時をさかのぼっていたらしい。「今思い出したのですが、昔お母さんにひどく叱られて歩けなくなり家中を四つ這いで移動していた」と涙を拭きはじめた。「苦しいようだったら、ゆっくり弛めますよ」と鈴木が言ったら「大丈夫 です」と応えた。

  しばらくの間静かに涙を拭いていた。初回にも、セッション中にからだの感じを正確にモニターするので「細かいところに気がつきますか」と鈴木が話したところ、ややあって「そういえば、変なところに気がつくと小さい頃にいじめられた」と涙を拭きながら話した。

 からだをリラックスしていく過程でよみがえる記憶。そしてその記憶をこえていく。もうひとつ。

3 友人に怒ったのは2010年の7月。自分でももてあますほどの強く執拗な怒りが数ヶ月続いた。その後沈静したかに思えたが2012年の1月移動の電車のなかで理由もなく怒りがこみ上げてきて困惑した。2,3日前ひとり躯幹のひねりをしたことに思い当たった。なるべく受けとめようと意識的に力を抜いていたら、その後はおさまってしまった。

動作法 おおみや

住所
〒338-0011
埼玉県さいたま市中央区新中里4-13-11
パールマンションⅠ-112
アクセス
JR埼京線『与野本町駅』徒歩6~8分
JR京浜東北線『与野駅』西口から
徒歩10~12分
TEL 048-638-0126
営業時間 10:00~19:00(完全予約制)
10:00~12:00|14:30~19:00
定休日:毎週 月・火 曜日

当店facebookはこちら
http://on.fb.me/1OuH5qT
  • facebook
  • twitter

トップへ戻る