からだとこころの関係

お知らせ詳細

子を産む(10)


    出産直後の子宮縫合を思い出したのは、突然だった。

  どうしても、両膝下が攣りそうな感じが残ったので「自主トレ」に取り組んでいた時だった。

 

  その話で、すぐに仰臥位になってもらい膝を曲げた左脚を胸方向にひくように言った。予想どおり痛みにがでてクライアントは顔をしかめて「痛い」と切実に訴えた。いったん脚をもとに戻し、今度は、痛みの出がわかるように注意深く動かすように言った。

 2回、3回「あ、楽になった」明るい声が響いた。「なんだか、すっきりした」

 いつもなら「大丈夫ですよね、先生」といい、不安をおさえるように「大丈夫、大丈夫」と胸元をなでながらセッション室を後にする。ところが、その日は「大丈夫、大丈夫」は聞かれなかった。自分に言い聞かせなければならない不安が消えた。

 

 麻酔が効かないままの子宮縫合の痛みは全身に緊張をもたらした。何よりも出産を終えたばかりの子宮も再び痛みの緊張にさらされることになった。そして、その緊張は、直後に腰に木片をねじ込まれるような痛みとなり、それを避けるために姿勢の歪みが生じ、ぎっくり腰に7.8回くりかえり見舞われ、次々と医療機関、治療機関を回っても治療どころか原因の特定もままならず…ある整体師には「一生なおらない…」といわれ不安は増大していく。

 

 子宮の縫合に始まった負の螺旋階段、そこの自己弛緩によって不安が消失した。事の解釈はともかくこの日のセッションは決定的な転回を遂げた。

動作法 おおみや

住所
〒338-0011
埼玉県さいたま市中央区新中里4-13-11
パールマンションⅠ-112
アクセス
JR埼京線『与野本町駅』徒歩6~8分
JR京浜東北線『与野駅』西口から
徒歩10~12分
TEL 048-638-0126
営業時間 10:00~19:00(完全予約制)
10:00~12:00|14:30~19:00
定休日:毎週 月・火 曜日

当店facebookはこちら
http://on.fb.me/1OuH5qT
  • facebook
  • twitter

トップへ戻る