動作法は・・・

お知らせ詳細

児童虐待?! ブログの引っ越し(5)


 先日、駅の立ち食いそば屋さんで耳に飛び込んできたことば。

 『はだしで、いろよ』『うっせい(うるさい)って、いってんだろ』そばをすすっていた若いお母さんが、2歳ぐらいの女の子に向かって。

 『うっせい(うるさい)って、…』の前にパシッと子どもを叩く音がした。おばあちゃんは、間にはいって『ママに叱られるから…』と孫と覚しき子をなだめていたが…。一緒の電車になったが、その子はお母さんの膝の上に抱っこされていた。少しほっとしたが、ざらついた気持ちが残った。

 

 その夜の研究会で某市の児童相談所に努めている仲間から児童虐待のケースの報告があった。動作法によって子どもに成長変化が見られるようになりその母親も子に対する態度が変化していったという報告だった。

 虐待された子が虐待する親になるという世代間伝達の問題や子育てを取り巻く環境要因等、さまざまな困難がある。しかし、某市のケースや以前接した虐待をする母親に動作法を試み効果があったという報告は動作法の虐待、被虐待に果たす役割がある事を物語っている。それを広く知ってもらう必要があるというのが研究会の結論だった。(2010/02/20 09:02)

動作法 おおみや

住所
〒338-0011
埼玉県さいたま市中央区新中里4-13-11
パールマンションⅠ-112
アクセス
JR埼京線『与野本町駅』徒歩6~8分
JR京浜東北線『与野駅』西口から
徒歩10~12分
TEL 048-638-0126
営業時間 10:00~19:00(完全予約制)
10:00~12:00|14:30~19:00
定休日:毎週 月・火 曜日

当店facebookはこちら
http://on.fb.me/1OuH5qT
  • facebook
  • twitter

トップへ戻る