動作法は・・・

お知らせ詳細

乳ガンの不安ー腹部の過度の緊張が「正体」


  

 左胸下の痛みに乳ガンを疑い受診したが異常はなかった。だが、消えない痛みに不安もまた残り続けた。

 

  30代のクライアントの女性。あぐらで前屈をすると左肩胛骨と腰の間に硬い盛り上がりが出た。それは、意識的に無意識的にからだに力を入れ続けた結果で、動作法では「不当緊張」「居座り緊張」という。なかなか弛まない場合、それがこころかからだの不調につながっている事が多い。

 その箇所の自己弛緩を促すために膝横を当て後ろに反らした。とたんに、クライアントは痛みを訴えた。からだをわずかに前に戻し痛みを和らげた。なかなか弛む気配がなかった。躯幹をひねっていたときに胸前の痛みのことが彼女の母と話題になっていたので、「胸の前(の痛み)とつながっていませんか」と尋ねた。ややあって「あっ、そうですね」と応え「わたし、便秘なんです」と言った。「それは、きつい便秘ですね」と確かめると「そうです」と返ってきた。

 

  痛みと不安の「正体」が明らかになり、クライアントも母も、心底安堵した様子だった。同じように乳ガンの不安をかかえる人たち大勢がいると、この稿の公開を快諾してくださったことを付記して謝したい。

 

動作法 おおみや

住所
〒338-0011
埼玉県さいたま市中央区新中里4-13-11
パールマンションⅠ-112
アクセス
JR埼京線『与野本町駅』徒歩6~8分
JR京浜東北線『与野駅』西口から
徒歩10~12分
TEL 048-638-0126
営業時間 10:00~19:00(完全予約制)
10:00~12:00|14:30~19:00
定休日:毎週 月・火 曜日

当店facebookはこちら
http://on.fb.me/1OuH5qT
  • facebook
  • twitter

トップへ戻る