動作法は・・・

からだとこころの関係詳細

「わかる」こと ー 妻への動作法から。


 妻が私の仕事場に来た。動作法を受けるためである。今回がもちろん初めてではない。更年期の頃は自身の休みの度に来ていたと記憶している。知人に「動作法をやったせいか、割と楽だった」と語っていた。自宅でも肩が辛いというオーダーに応えて動作法をし、その都度楽にはなっていたのだが…。

 

 さてセッション。左肩が痛いと言った。肩が痛い時は、腰背も硬くなっている。やはり、あぐら坐位で斜め方向に上体を向けて…動かない。45度はおろかその3分の1も動いていない。こんなに硬かったんだ。その姿勢から硬いとは思っていたが…ここまでとは。「努力・忍耐・根性」が嫌いというわりには、異星人のような若い同僚の価値観や言動(だと推測される)に「努力・忍耐・根性」で対応していると推測される。背中から腰から肩にかけてしっかりと痛みの伴う慢性緊張があった。

 

わたしら動作法をする者は、からだの動かし方や硬さにより注目する。クライアントの話は、セラピーでは補助的。話したくなければ話さなくともよい。話さなくても、からだは嘘がつけない。現在のからだが本人の困難を語ってくれる。そこにクライアントの課題が立ち現れてくる。だから、妻の大変さは、わたしには堪(こた)えた。わかったのだ。

 

 仕事場の近くで夕食を食べた。支払いは妻。「動作法をやってもらって(食事代)まで奢ってもらえない。」 ここにも「わかる」人がいたのである。

 

# 動作法  # 肩の痛み  # 緊張 # 動作法おおみや #更年期

 

 

 

動作法 おおみや

住所
〒338-0011
埼玉県さいたま市中央区新中里4-13-11
パールマンションⅠ-112
アクセス
JR埼京線『与野本町駅』徒歩6~8分
JR京浜東北線『与野駅』西口から
徒歩10~12分
TEL 048-638-0126
営業時間 10:00~19:00(完全予約制)
10:00~12:00|14:30~19:00
定休日:毎週 月・火 曜日

当店facebookはこちら
http://on.fb.me/1OuH5qT
  • facebook
  • twitter

トップへ戻る