動作法は・・・

動作法は・・・詳細

腰痛・始末2


(承前)彼女たちは、足裏全体をつかっています。上体を前傾して米俵を受け、脚ー腰が それを支えています。米俵は一番上の俵の端が他の俵より前に来ています。この体勢が大事だったのです。

 

  私は登山用のリュックには10㎏の荷物です。からだを真っ直ぐにして軸をつくり…ということを意識しました。これが敗 因だったと推測しています。真っ直ぐと思い込んでいたのは自分だけで結果的に腰 に負担をかけ続けていたのでした。宝鶏(ほうけい)から咸陽(かんよう)への移 動、高速鉄道に乗るまでの時間、タクシーを降りてホテルの部屋までとリュックを背負ったのは短い時間ですが背負ったあとに痛みが増していました。

 

 直接的な原因は、リュックの背負い方だったのですが、実は中国へ行く前に腰が伸びずにお爺さんのような(実際お爺さんなんですが)歩き方を自覚していました。
 あらためて、姿勢の大切さをおもった体験でした。

動作法 おおみや

住所
〒338-0011
埼玉県さいたま市中央区新中里4-13-11
パールマンションⅠ-112
アクセス
JR埼京線『与野本町駅』徒歩6~8分
JR京浜東北線『与野駅』西口から
徒歩10~12分
TEL 048-638-0126
営業時間 10:00~19:00(完全予約制)
10:00~12:00|14:30~19:00
定休日:毎週 月・火 曜日

当店facebookはこちら
http://on.fb.me/1OuH5qT
  • facebook
  • twitter

トップへ戻る