動作法は・・・

ひとりごと詳細

これからも生きる予定のある人が三か月後の定期券買う


 「シビアアクシデント」。炉心溶融を含む原子力関係の重大事故をさす。ひとの心の「シビアアクシデント」をこの作家は生き延びてきた。「施設の新聞で字を覚えた少女」が絞り出す歌…一時メディアに取り上げられたからご存じの方もいるだろう。

 長谷川博一『殺人者はいかに誕生したかー「十大凶悪事件」を獄中対話で読み解くー」(新潮社)を読了した。十大凶悪事件とは以下のとおりである。
  大阪教育大学附属池田小学校事件 宅間守
  関東連続幼女誘拐殺人事件    宮崎勤
  大阪自殺サイト連続殺人事件   前上博
  光市母子殺害事件        元少年
  同居女性殺人死体遺棄事件    匿名
  秋田連続児童殺害事件      畠山鈴香
  土浦無差別殺傷事件       金川真大
  秋葉原無差別殺傷事件      加藤智大
  奈良小一女児殺害事件      小林薫
  母親による男児せっかん死事件  匿名
 この十大事件の加害者また、虐待等の心の「シビアアクシデント」を経験した。にもかかわらず、この短歌の作者は、表現行為にであい、事件の加害者は殺人を犯した。
 

  動作法は、脳性マヒ児(者)の手足の不自由が、過度の緊張(心理的緊張+身体的緊張)によることを学問的に検証したことから出発した。自閉症児(者)へ動作法適用の効果は、うつ病や統合失調症(当時は精神分裂病)の改善の可能性を示唆し実際に効果を確認した。これらのことは、脳性マヒ児の手足のマヒ、自閉症、うつ病、統合失調症は、過剰な緊張(心理的緊張+身体的緊張)が共通項であることを示している。DVや虐待も重篤な解離などを引きおこすことが知られているが、これも極度の緊張が根底にあると考えていいだろう。それが時として殺人に至ることもある。

 

花柄の籐籠いっぱい詰められたカラフルな薬飲みほした母
病室は豆腐のような静けさで割れない窓が一つだけある

 

歌われる内容は厳しいが、それを言葉に昇華させ得た奇跡のような一首、一首である。

 

動作法 おおみや

住所
〒338-0011
埼玉県さいたま市中央区新中里4-13-11
パールマンションⅠ-112
アクセス
JR埼京線『与野本町駅』徒歩6~8分
JR京浜東北線『与野駅』西口から
徒歩10~12分
TEL 048-638-0126
営業時間 10:00~19:00(完全予約制)
10:00~12:00|14:30~19:00
定休日:毎週 月・火 曜日

当店facebookはこちら
http://on.fb.me/1OuH5qT
  • facebook
  • twitter

トップへ戻る