動作法は・・・

お知らせ詳細

語れること、知っていること。動作のこころ。


  高速道路を猛スピードで走っている車を減速させるためには 標識はいらない。路面に描く横縞の線を狭くする 。 なぜなら、見えの変化がスピードの増大と知覚されてブレーキが踏まれる。

   佐々木正人「アフォーダンスと脳」『複雑性としての身体』(河出書房新社)所収

 なぜか。自覚していなくても、知っているからそれが可能になると筆者はいう。脳はかかわるが、そうするように指令を出すわけではない 。道路の横縞に運転者が応じる。

自覚していることは語ることができる。からだとこころが知っていても語れないことがある。

 成瀬先生は、動作のこころに合理性。合目的性を付与していると思うのだがわたしの理解に間違いないだろうか。  

                  

 

動作法 おおみや

住所
〒338-0011
埼玉県さいたま市中央区新中里4-13-11
パールマンションⅠ-112
アクセス
JR埼京線『与野本町駅』徒歩6~8分
JR京浜東北線『与野駅』西口から
徒歩10~12分
TEL 048-638-0126
営業時間 10:00~19:00(完全予約制)
10:00~12:00|14:30~19:00
定休日:毎週 月・火 曜日

当店facebookはこちら
http://on.fb.me/1OuH5qT
  • facebook
  • twitter

トップへ戻る