ひとりごと

ひとりごと詳細

肩こりと「うつ」の共通点(9)


   さて。硬いからだの緩め方です。セッションの場ではチェック項目がありそれを確かめますが、ここではセルフの場合を紹介します。まず、どこに硬さがあるかを確かめます。痛みやつっぱり感等があればそこが慢性緊張です。もちろん本人が気づかない慢性緊張もあります。

 
 まずあぐら坐位になってみましょう。脚は重ねないで平行にします。ですが、あぐらになれない人がいます。それは腰回りに硬さ、慢性緊張があるということです。たぶん腰が後傾しているはずです。横から見たらカタカナの「ヒ」の字になっているはずです。脚は伸ばしたままでも軽く曲げたままでもいいです。「めいっぱい」前傾します。「めいっぱい」で動きを止めます。痛みやつっぱり感が出る可能性があります。大事なことはその痛みやつっぱり感に向きあうことです。ただし無理はいけません。後述しますが「めいっぱい」と「無理」は違います。そこでの筋肉痛は、外科的な傷や内臓由来の痛みではないですので少し待てば消えていきます。消えたらさらに前傾を深くしていきます。2度3度緩みを感じたら元にもどります。もどってからだの感じに注意を向けます。

 

  十分にからだの感じを体験したら2度目3度目の前屈をします。お試しください。
 

動作法 おおみや

住所
〒338-0011
埼玉県さいたま市中央区新中里4-13-11
パールマンションⅠ-112
アクセス
JR埼京線『与野本町駅』徒歩6~8分
JR京浜東北線『与野駅』西口から
徒歩10~12分
TEL 048-638-0126
営業時間 10:00~19:00(完全予約制)
10:00~12:00|14:30~19:00
定休日:毎週 月・火 曜日

当店facebookはこちら
http://on.fb.me/1OuH5qT
  • facebook
  • twitter

トップへ戻る