ひとりごと

ひとりごと詳細

韓国「引きこもり」事情


 先日、動作法おおみやHPのブログで「スマホハラスメント!」というネット記事の紹介をした。全文はこちらhttp://dousahou.jp/blog/1717/

 親は自分よりスマホの方が大切なんだ――。そう感じている日本の子どもが20%。同じ調査を米国で行った。米国は、親のネット依存度は日本より高かったのに、6%にとどまったという記事である。調査を担当したNPO代表の米スタンフォード大准教授は「話を聞くように言えず子どもは我慢をしているのでは」というコメントしていた。

 

 数日後、押川剛『「愛」というとるがーひとは家族愛・友人愛・異性愛で生きられる』(岩崎書店2003年5月)を読んだ。話はそれるが、ネットで購入しようとして驚いた。定価1300円が古書で7500円以上だった。

 

 韓国では、引きこもりは20歳まで。20歳過ぎれば病院に行くのだそうだ。20歳過ぎてもずっと引きこもっているようだったら一族の問題だから一族全員が集まって病院に連れて行くのだそうだ。

著者は書く。
 三十人から四十人もの人たちが本人のために集まり、目の前に助けに来てくれたらどんなにうれしいことか。それが親類縁者となれば、どれほど心強く感じられるか。(中略)今でも韓国の人たちがそれだけ家族の結びつき(「家族愛」)を大切にしていることを知って、私は、うらやましく感じた。いや、家族に限った話ではないのかもしれない基本的なひととひととの結びつきに対する感じ方が、日本と韓国では大きく異なっているようなきがしたのだ。

アメリカのゴルフツアーでも、日本のゴルフツアーでも韓国勢の強さは際立っている。それは、選手のために家族が移住するからだをきいたことがある。家族だからではなく、そこでのひととひととの結びつきが選手に力を与えるのだろう。

 

 私は、子どもが話を聞いてと親に要求することを我慢することも含めて日本では子どもが「ひと」として認められていないのではないか、そんな気がする。

動作法 おおみや

住所
〒338-0011
埼玉県さいたま市中央区新中里4-13-11
パールマンションⅠ-112
アクセス
JR埼京線『与野本町駅』徒歩6~8分
JR京浜東北線『与野駅』西口から
徒歩10~12分
TEL 048-638-0126
営業時間 10:00~19:00(完全予約制)
10:00~12:00|14:30~19:00
定休日:毎週 月・火 曜日

当店facebookはこちら
http://on.fb.me/1OuH5qT
  • facebook
  • twitter

トップへ戻る