ひとりごと

ひとりごと詳細

『「子どもを殺してください」という親たち』


 

 著者は押川剛。引きこもりを医療につなげるための民間の移送業の会社を経営する。

  先日NHK『おはよう日本』「けさのクローズアップ」で取り上げられた同名のコミックス原作。『おはよう日本』放送の内容はこちらから。

www.nhk.or.jp/ohayou/digest/2017/09/0922.html

 

『なんで隠すの?コトバとカラダが伝える性』(情報センター出版局)で引きこもりの青年たちを精神科医療につなぐ移送を描いた。それは、拘束しない移送である。命がけの危険な仕事である。1000件以上に及ぶ移送例から引きこもりの根底から見える性の問題を描いた。

 

『「子どもを殺してください…親たち』では描かれなかった移送を受け入れるはずの精神科医療の問題点や子どもの問題に向きあわなかった親たちが行き着く先、自分たちの手に負えなくなった子どもを他人まかせようする無責任な姿が描かれる。リアルの一言に尽きる。

 

 「子どもを殺してください」という親たち

 

動作法 おおみや

住所
〒338-0011
埼玉県さいたま市中央区新中里4-13-11
パールマンションⅠ-112
アクセス
JR埼京線『与野本町駅』徒歩6~8分
JR京浜東北線『与野駅』西口から
徒歩10~12分
TEL 048-638-0126
営業時間 10:00~19:00(完全予約制)
10:00~12:00|14:30~19:00
定休日:毎週 月・火 曜日

当店facebookはこちら
http://on.fb.me/1OuH5qT
  • facebook
  • twitter

トップへ戻る