ひとりごと

ひとりごと詳細

からだをタテにする意味 ー 気持ち「前向き」に


 通勤中、あれもしよう、これもやりたいと心が動きました。

 クローズの勉強会で右の背中を「直」にしてもらいました。その結果です。

 

 気持ちが「前向き」になった。決して「後ろ向き」ではなかったのですがいつのまにか「横向き」でした。 

 

 縦のものを横に…は横着さを意味しますが、横のものをタテにするのが動作法です。具体的には「軸」をつくります。

 

 神田橋條治は、リストカットする青年らは「芯」がないと断じ、周囲の言動に影響を受けなくなるとカットしなくなり「芯」ができるとある著書のなかで述べています。「軸」と「芯」詳細に検討したわけではないのですが実感的に通じるものを感じます。

 

 あぐら坐位での肩上げ、腰に上体、首、頭がのった状態とそうでないあぐらでは上がり方に差が出てきます。前者が後者よりも肩が高く上がります。

 

 『臨床動作法の展開』では、軸ができると「いつまでもこうしていたい」という感想が聞かれるそうです。それを「仏様の姿」と成瀬先生は名づけています。

 

 軸ができると人はおおきな変化をとげる。お釈迦さまが菩提樹のしたで悟りを開いたのもこの姿勢だったと言われる。抗重力姿勢…重力に抗いながら自分を空間に位置づける。ヨガの坐法や坐禅にも通じるのですが、人間にとってとても重要な秘密があるような気がします。

 

 

 

 

 

 

 

動作法 おおみや

住所
〒338-0011
埼玉県さいたま市中央区新中里4-13-11
パールマンションⅠ-112
アクセス
JR埼京線『与野本町駅』徒歩6~8分
JR京浜東北線『与野駅』西口から
徒歩10~12分
TEL 048-638-0126
営業時間 10:00~19:00(完全予約制)
10:00~12:00|14:30~19:00
定休日:毎週 月・火 曜日

当店facebookはこちら
http://on.fb.me/1OuH5qT
  • facebook
  • twitter

トップへ戻る