ひとりごと

お知らせ詳細

子どもの『さん』づけ


 川崎の河川敷での殺された中学生の被害者への『さん』づけのみならず子どもへの『さん』づけが気になっていた。

 

 「最近、マスメディアで子どもの『さん』づけが増えたよね。呼び捨てや『君』『ちゃん』だと、上から目線だ、との批判があるらしい。でも、年が違い人生経験も違うのに、同じ目線になんてなれっこないだろ? 上から目線は、大人がきちんと責任をもつということ。さん付けすれば対等で尊重してますなんて、まやかしにすぎない。大人の責任放棄なんだよ」そういうことだったと理解できた。

 

 同じ事は『自立』や『自己責任』にもいえないか。身を賭して国際ボランティアに従事する人が誘拐されたときにアメリカの大統領は積極的に活動者を肯定し、日本では自己責任論が巻き起こった。今回の人質事件もはたしてどれほど本気で救出を考えていたか、疑問が残る。

 

  「背景には、親子、夫婦もお友達です、みたいな団塊世代の風景があると思う。それから、過保護なまでの安全志向と暴力否定という、戦後左翼的な思潮。戦争という大暴力のトラウマで、方向性自体は全く正しかったんだけど、それが生活の日常シーンにまで浸透していった先に、ぶつかり合いを避け当たらずさわらず済ませるあ今日の悪しき風潮がある」朝日新聞2015・6.11 『インタビュー ニッポンの若者よ  藤原新也』

動作法 おおみや

住所
〒338-0011
埼玉県さいたま市中央区新中里4-13-11
パールマンションⅠ-112
アクセス
JR埼京線『与野本町駅』徒歩6~8分
JR京浜東北線『与野駅』西口から
徒歩10~12分
TEL 048-638-0126
営業時間 10:00~19:00(完全予約制)
10:00~12:00|14:30~19:00
定休日:毎週 月・火 曜日

当店facebookはこちら
http://on.fb.me/1OuH5qT
  • facebook
  • twitter

トップへ戻る